株式会社大手技研 | 計測器・校正
圧力、温度、流速に関する計測ソリューションと圧力・流量基準に関する校正ソリューションを提供する他、システムコンサルティングや圧力校正サービスを提供しています。

圧力計校正

世界に通用する圧力計校正サービス

弊社の校正サービスグループは、2003年10月1日、米国を代表する圧力標準機器メーカーであるDHInstruments社と、弊社との合弁により1993年に誕生した圧力校正専門会社 日本キャルサービス(株)からその業務の全てを引き継ぎました。

また弊社は、計量法第143条(計量法校正事業者登録制度:JCSS)に基づく校正事業者として登録され、認定国際基準に対応する認定業者としても認められております。国内はもとより、海外の顧客から校正証明書類の提示・提出を求められたときでもそのままご提出いただけます。

校正証明書
校正証明書サンプル 1/2
校正証明書
校正証明書サンプル 2/2
圧力校正

Calibration Service

圧力計校正

校正範囲と校正測定能力

JCSS校正

重錘形圧力天びん

  校正範囲 校正測定能力(信頼の水準約95%)
気体 ゲージ圧力 10kPa以上 350kPa以下 0.0035%又は1.0Paのうち大きい方の値
350kPa超 7000kPa以下 0.0037%又は19Paのうち大きい方の値
液体 ゲージ圧力 0.1MPa以上 100MPa以下 0.0060%又は0.60kPaのうち大きい方の値
100MPa超 200MPa以下 0.0070%
200MPa超 350MPa以下 0.010%
350MPa超 400MPa以下 0.013%

圧力計(デジタル圧力計/圧力変換器)

  校正範囲 校正測定能力(信頼の水準約95%)
気体 絶対圧力 10kPa以上 7000kPa以下 0.0040%又は4.0Paのうち大きい方の値
ゲージ圧力 -90kPa超 -10kPa以下 10Pa
10kPa超 7000kPa以下 0.0040%又は1.0Paのうち大きい方の値
液体 絶対圧力 0.2MPa以上 100MPa以下 0.0060%又は0.60kPaのうち大きい方の値
100MPa超 200MPa以下 0.0070%
200MPa超 350MPa以下 0.010%
350MPa超 400MPa以下 0.013%
ゲージ圧力 0.1MPa以上 100MPa以下 0.0060%又は0.60kPaのうち大きい方の値
100MPa超 200MPa以下 0.0070%
200MPa超 350MPa以下 0.010%
350MPa超 400MPa以下 0.013%

圧力計(機械式圧力計)

  校正範囲 校正測定能力(信頼の水準約95%)
気体 ゲージ圧力 -90kPa以上 -10kPa以下 100Pa
10kPa以上 7000kPa以下 最大圧力の0.10%
液体 ゲージ圧力 0.1MPa以上 200MPa以下 最大圧力の0.10%

一般校正

校正対象:重錘形圧力天びん、液柱形マノメータ、液柱式圧力計、デジタル圧力計、機械式圧力計、 圧力校正器、圧力コントローラ、圧力センサ、圧力伝送器、大気圧計、負圧計(真空計)など
  校正範囲
気体 絶対圧力 1kPa以上 70MPa以下
ゲージ圧力 -90kPa以上 -10kPa以下、1kPa以上 70MPa以下
液体 絶対圧力 200kPa以上 500MPa以下
ゲージ圧力 100kPa以上 500MPa以下

当社圧力校正サービスの特長

国際MRA対応JCSS認定事業者

当社校正室は計量法第143条(計量法校正事業者登録制度:JCSS)に基づく校正事業者として登録され、認定国際基準に対応する認定業者としても認められております。

当社が発行するJCSS認定シンボル付校正証明書は、ILAC、APLACに加盟する複数の国において受け入れ可能で、国際間の取引にもご利用いただけます。

JCSS
JCSS登録証 ilac-MRA IAJapan認定書
英文証明書の発行も可能

国家標準と同等水準の特定二次標準器を含む標準器群と国内唯一の設備

圧力校正室

弊社の圧力校正サービスグループは、産業技術総合研究所(AIST) 計量標準総合センター(NMIJ)において直接値付けされた特定二次標準器を有する他、世界の標準供給機関が国の標準として使用している圧力標準器と同じグレードの機材を数多く所有しています。

また、国内随一の圧力校正能力を提供するため、国内唯一の圧力標準機器を有しています。

有効断面積20cm2(Φ50)を誇る重錘形圧力天びんPG7607

PG7607

重錘形圧力天びんは、ピストン・シリンダの有効断面積とそこに印加される力によって圧力を定義します。同じ力を印加した場合、有効断面積が大きいほど定義できる圧力値は小さくなります。

PG7607 は重錘形圧力天びんとして最大の20cm2 の有効断面積を持ち、2.5kPa という微小圧力を安定して定義できる唯一の重錘形圧力天びんです。日本国内ではNMIJ が2 台を有する他、民間では弊社のみ有しています。

唯一無二・フォースバランス形無回転ピストンゲージFPG8601

FPG8601

参照用標準器として広く用いられる一般的な重錘形圧力天びんは、ピストン・シリンダに印加する力を重錘(おもり)によって定義します。しかし、ピストン自身が質量を持っているため、定義することができる最小の圧力値はピストンの自重で決定され、それ以下の圧力範囲を測定することは特殊な測定方法を用いない限りできません。

FPG8601 は、ピストン・シリンダと電子天びんを組み合わせることでピストンの自重をキャンセルすることができるため、事実上'0'圧力から測定を開始することができます。また、重錘形圧力天びんは安定した圧力測定のためにピストンまたはシリンダを回転させますが、とくに微圧領域では、この回転ノイズさえも不確かさの要因となります。

FPG8601 は独自の技術により無回転式のピストン・シリンダ構造を実現し、回転ノイズを排除することで微圧範囲を最小の不確かさで定義することができます。

メーカーを問わず国内外のあらゆる圧力測定機器を校正

弊社は、メーカー系列を持たない独立系の校正事業者として、メーカーを問わずあらゆる圧力機器の校正を承っております。

とくに、海外の圧力機器は高性能なものが多く、再校正のために海外メーカーに返送するケースが多く見受けられます。

弊社では、それらの高精度な海外製品にも対応。マニュアルに調整方法の記載がある場合は、調整も含めてメーカーと同等以上の品質で校正、調整を承っております。

国内外のあらゆる圧力測定機器を校正

校正のみに留まらず、調整・修理まで一貫したサービスを提供

校正ご依頼品が要求する精度や不確かさを満たさない場合、ご希望により機器の調整サービスを提供しております。また、メーカーでの修理や作業が必要な場合にも、お客様に代わり当社にて修理・作業手配の代行が可能です。

校正の流れ

世界最高水準の標準機器と校正専用の精密計測棟

弊社の圧力標準設備は、最高水準の能力を有しています。

校正を行うテクノロジーセンターは茨城県つくば市観音台の本社ビルに隣接し、校正専用の精密計測棟は、24時間常に温度と湿度が制御・管理・記録されています。

また、振動を排除するため、重錘形圧力天びんを設置している部分の基礎を建物基礎と完全に分離した特殊な基礎構造とするなど、最適な環境で校正を実施しています。

当社精密計測棟についての詳細はこちら

株式会社大手技研 テクノロジーセンター

圧力計の校正サービスに関するお問い合わせ

株式会社 大手技研 営業技術グループ
〒305-0856 茨城県つくば市観音台1丁目25番地12
TEL. 029-839-0777(受付時間:平日9:00~17:30)